コンテンツへスキップ

前記事「起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part3

経営の恐怖は、私に一つのルーチンとして日々襲い掛かってきます。そして、その衝撃たるや、まるで心臓を一掴みにされたと感じるほどです。

この例え、結構的を得てると私は思っています、本当にそんな感じなんですよ。皆さんはそんな経験ありませんか、何か取り返しのつかない失敗をして、それにハタと気づいた瞬間、心臓

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

... "起業の方法 成功 | 起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part4" を続けて読む

前記事「起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part2」で、私は起業することで、会社を辞める恐怖からは逃れられるものの、その後は、新たな経営の恐怖が襲い掛かると書きました。

自分で言っておきながら、何とも怖い話ですが、私はこれから起業を目指している方を、なにも踏み止まらせようとしているわけではありません。

私は43歳の時に、それまで15年以上務めた大手損保会社系列の不動産会社を退職し、起業しました。そして、現在の会社を8年以上経営する中で、起業する前には到底考えもしなかった様々な出来事や体験をしてきました。この場でできるだけ正確にそんな私が体験した様々な出来事をお話しし、それを読んでいただいたこれから起業を目指す方達に、何かしらのお役に立てればと考えています。

Photo by GATAG
Photo by GATAG

... "起業の方法 成功 | 起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part3" を続けて読む

この上なくフィットしない上司との出会いと怒りが、私を会社を辞めて起業に向かわせた、大きなターニングポイントとなったという、言わばしょうもないような記事を前回書きました。

きわめて内向的で、日々のルーティンを重要視し、頑なにそれを守ろうとするような性格の私が、それとは正反対の方向へのエネルギーを貯めて、一気に起業に駈け出したというお話を読んでいただいたわけです。

... "起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part2" を続けて読む