ダレノガレそっくり、女子陸上100m短距離の美人すぎるランナー永野真莉子(デンソー)

勢揃いの100m男子トップ選手たち

2017年6月23日(金)に開催された第101回日本陸上競技選手権大会でのことです。

100m男子予選に、桐生、ケンブリッジ、山縣、サニブラウンといった、日本のトップ選手が勢揃いすることもあり、NHKBS放送で生中継されていました。

 

 
 





 

アナウンスの敬称に笑う

それにしてもこの選手権、選手の紹介のアナウンスで、各レーンに並ぶ選手を紹介する際の敬称が、「君」付けなのが、なんとなくおかしかったです。

ケンブリッジ飛鳥選手などはプロ選手ですからねえ、ましてや学生でもないのにスタート前の紹介で「ケンブリッジ飛鳥君」て・・・

まあ、なんか面白かったです。

 

美しすぎる女子アスリート

で、この男子のお話ではなく、その前に行われた女子100m準決勝、二組目の選手紹介で、目が釘付けになった選手がいました。

1レーンから順にカメラが選手を映し出す中、8レーンで紹介された永野真莉子選手です。

 

夕飯を食べていた箸が止まりました。

う、美しい、こんな綺麗な選手が日本の短距離にいたのですね。

女子の100m走と言えば、福島千里選手の独壇場の様子ですが、美人コンテストであればこの永野選手がダントツですね。

 

ダレノガレ明美そっくり!?

すぐに思い浮かんだのが、タレントのダレノガレ明美さん、お綺麗な方です。

 

でも、この永野選手も負けていません。

で、少し調べてみました。

やはりハーフの方ですね。

1994年5月8日生まれ、岡山県美作高校から、甲南大学に進み、2017年からはデンソーに所属するアスリートです。

2017年行われた関西インカレの100mで優勝(11秒86)、200mでは自己ベストを更新(23秒96)して5位に入賞、甲南大学記録を更新した実力者です。

 

残念ながらこの日は準決勝敗退、翌日の決勝へ駒は進めませんでしたが、私個人の中では断トツの一位。

今後も応援させていただきます。

やらしい気持ちはありません、がんばれ永野真莉子選手!