コンテンツへスキップ

宮古島でウミガメとシュノーケリングをするということ

みなさんはシュノーケリングをしたことがありますか?
シュノーケリングとは、一般的には水中メガネを掛けて、川や海でパイプを口に咥えて反対側を水面から出し、忍者のように呼吸をしながらバタ足で海底を覗く遊びの事ですね。

しかし、水中メガネって変な言葉ですねえ... なかなかこれに代わる、うまくフィットする言葉が日本語にない感じです。

Photo by pixabay.com
Photo by pixabay.com


 

ネット動画を快適に見たい!爆発的に通信環境を改善したい方へ

「NURO光」はソニーが運営する高速回線サービス、下り最大2Gbpsと世界最速を謳う実力です。

確かにインターネットの感覚が変わることには間違いありません。しかも、意外や安いんですよね。

月額4,980円~ですので、料金的にも大きな負担となるわけではないです。

現状の回線が「フレッツ光」のマンションタイプなどで、速度が出てないと感じるようであれば思い切った乗り換えもありです。

 

伊豆の海

私はこのシュノーケリングという遊びが好きで長年楽しんでます。

一番最初に本格的にシュノーケリングを体験したのは、二十代の後半に伊豆の海に行った時ですね。

九十浜という断崖絶壁に囲まれたビーチが下田の須崎半島にあり、ここがまた少々特異な形状をしていることから、海の水が澄んでいてたいへんに綺麗なんです。魚の種類も豊富で、ビーチから少し入った岩場で、色鮮やかな魚達がたくさん群れている様子を見ることができます。この場所で最初にシュノーケリングを体験して以来、すっかりにハマったのですね。

Photo by pixabay.com
Photo by pixabay.com

なんでしょうかね、この面白さって。

考えてみると、海中を覗いた時には、辺りに人がたくさんいてもたった一人の世界に入れるんですね。一時的に全く違った世界に飛び込める逃避行のような感じ、まるで異国にでも行ったような興奮を味わえるという感じですかね。

伊豆の秘境

伊豆の海とは言ってもこの九十浜、すごいですよ。東京の界隈ではちょっとお目にかかかれない透明度と、魚の種類です。本当に色鮮やかな熱帯魚的なのがたくさんいますからね。

もし、東京から千葉の方へ行くのであれば、少し時間が掛かってもこっちの海の方が断然良いです。また、この九十浜の少し先に、爪木崎というビーチが隣り合うような近さであります。こちらも灯台があったり、水仙畑があったりと風光明媚、海中の魚の種類も豊富でお薦めのポイントです。

伊豆、須崎半島九十浜
伊豆、須崎半島九十浜

沖縄の海

で、話は飛びますが、沖縄の宮古島という場所、そして、その海に私は憑りつかれたように今ハマっています。

沖縄と静岡(伊豆)を比較するのも乱暴かもしれませんが、この島、この海、奇跡の場所です。

沖縄の海はどこに行っても綺麗ですよ、本当にホテルの前のビーチでもその透明度は本州とは比べようがありません。

でも、その中でもこの宮古島のビーチ、何が凄いのかと言えば、砂浜からのエントリーで目の前にサンゴ礁が広がっているということです。

沖縄本島や、石垣島などでも、珊瑚礁が見たいとなれば少々無理してリーフの外まで出るか、やはりツアー等でボートを利用してポイントまで連れて行って貰わなければなりません。

しかし、この島だけは違います。子供が浮き輪でバシャバシャやるほど砂浜から近いその真下に、本物の珊瑚や熱帯魚、ニモ(カクレクマノミ)なども普通に見ることができるのですね。

block_03

宮古島の成り立ち

これはこの島の特別な成り立ちに理由があるそうです。基本的に大陸というのは、どこでも火山の噴火による地面の隆起で誕生するものですが、この宮古島は成り立ちそのものが他の沖縄の諸島の島とも違います。

この宮古島、地面を形成しているのがほぼ石灰岩(珊瑚)なんですね。大昔からの珊瑚の隆起がこの島のルーツだというのです。そして、それが証拠に、水はけの良い土壌のこの島には川がありません。川がないので、海に流れ込む汚水や土砂がなく、奇跡的にも海が綺麗に保たれているという図式があるようなのです。

ただ川がない島の弱点として、夏場に日照りが続いた時などの水不足は深刻なようです。盛夏の頃には農業用の給水車が島中を走り回り、道路のあちらこちらにダブンダブンと水を落としていきます。水を売る会社は大忙しの様相で、大きな会社もいくつかあるようです。

Photo from imcreator.com
Photo from imcreator.com

奇跡の海中

初めてこの島の海で水に顔をつけた時の衝撃を、私は一生忘れないでしょう。ほぼ予備知識ゼロで行ったような状態だったので、またその驚きは格別でした。もうあれほど"綺麗だ"と叫んでいた伊豆の海さえいく気がしなくなるほどです。

わずか数メートル、砂浜から海に入っただけで普通に珊瑚の群生が見られ、カラフルな熱帯魚たちが乱舞しているんですね。ウミガメも普通に泳いでいたりします。皆さんも夏の休み沖縄行きを計画しているようでしたら、ぜひ宮古島に立ち寄ってみてください。

日本にもこんな場所がある事を知って、ご家族、お子さんもきっと喜ぶはずですよ。

以下のホームページには詳しく情報が提供されています。

ウミガメとシュノーケリング わくわく!宮古アイランド

02

 

おしゃれなjblのブーストスピーカー
これ一台でご自宅のテレビに驚くほどの臨場感が生まれます。

h2

自宅のテレビがスタジアムに!

 

どの動画配信サービスに加入しようか、迷っている方はいませんか?

それならずばりU-NEXT<ユーネクスト>がお薦め!

こちらから体験入会できます。

unext

まずは31日間無料で視聴できます。