コンテンツへスキップ

起業するべきか、止めるべきか、究極の選択に悩んでるあなたへ Part2

この上なくフィットしない上司との出会いと怒りが、私を会社を辞めて起業に向かわせた、大きなターニングポイントとなったという、言わばしょうもないような記事を前回書きました。

きわめて内向的で、日々のルーティンを重要視し、頑なにそれを守ろうとするような性格の私が、それとは正反対の方向へのエネルギーを貯めて、一気に起業に駈け出したというお話を読んでいただいたわけです。

 

ネット動画を快適に見たい!爆発的に通信環境を改善したい方へ

「NURO光」はソニーが運営する高速回線サービス、下り最大2Gbpsと世界最速を謳う実力です。

確かにインターネットの感覚が変わることには間違いありません。しかも、意外や安いんですよね。

月額4,980円~ですので、料金的にも大きな負担となるわけではないです。

現状の回線が「フレッツ光」のマンションタイプなどで、速度が出てないと感じるようであれば思い切った乗り換えもありです。

 

宝くじ

私は、ギャンブルの類は一切しません。

宝くじも買いません。宝くじを買うような暇があったら、ブログの一つでも書いていた方がよほど生産的です。おっと、言い方がいけませんね、宝くじよりブログの方がずっと楽しいです。

では、宝くじを買ったことがないのか、と聞かれれば、そんな事はありません。好奇心の旺盛さは誰にも負けないのが私の特徴の一つ、宝くじ、買ったことありますよ、1度だけですが。

「年末のジャンボ宝くじ」という奴でしょうか、結果の番号を見た時に、そのあまりにも天文学的にかけ離れたハズレ券の数字の羅列を見て、二度と買わないと決めました。

知り合いの宝くじ売り場のおばさんに、話を聞いたことがあります。売り場に宝くじが納品される時に、トラックで大量に運ばれてくるそうです。満杯になったトラックのくじの山の中にさえ、まともな当たりは数枚と言ってました。

もはや砂山から針、買わなければ当たらない、などという方もいますが、あれは買っても当たりません。

Photo from imcreator.com
Photo from imcreator.com

投資と浪費

馬券も買ったことありますよ。職場の仲間が買いに行くという機会があったので、何もわからないまま、適当な数字を言って一緒に2,3枚買ってもらいました。

で、これは当たりました。

いわゆるビギナーズラックですね。

大喜びで、その後も2、3回一緒に買いに行ってもらったことがありました。もちろん、その後は当たりません。欲張った分、あっという間に元銭の倍くらいを失いました。

まあ、御多分に漏れず、お勉強になったというパターンです。

その後、競馬はやってませんね、と言うか、元々馬が走ることには何の興味もありませんでしたので。

短時間での遊びと考えれば、宝くじも競馬もそれなりにに楽しいのだとは思います。でも、結局お金の増減が絡む以上、こんな効率の悪いことに時間を取るくらいなら、本業の品物を一点でも多くebay(海外オークション)に出品した方が、確実な見返りがあります。ebayの可能性は底なしですよ。これはまたの機会に書きます。

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

東京ディズニーランド

もう少し私の性質のことを書きます。

率直に言って、私はあのディズニーランドが大嫌いです。

もちろん今までの人生の中で数回は行ったことがあります。付き合っていた彼女に泣く泣く頼まれた時と、子供を一度だけ連れて行ったときです。前者は特にしょうもない理由ですが、ダメなんですよね、チケットを買ってあの空間に入った瞬間、出してくれーと叫びたくなります。

私がディズニーランドに入った瞬間、考えることはこうです。

あの塀に囲まれた空間は全く持って映画館ですよね、完全に外の世界を視覚的にもシャットアウトして、徹底的にその世界を作り上げています。そして、その中に練りこまれたアトラクションの数々、様々な企画、エンターテイメントの完成度に、すごいなーと素直に感心しますよ。作り上げている方々の熱意と優秀さを感じます。着ぐるみ担当の人から、清掃担当の人まで、徹底した教育を受け、サービスに努めています。混雑するレストランでも働く人たちが笑顔を絶やしません。

何から何まですごい、事業としての洗練と成功を感じずにはいられません。

詰まる所、私は全く楽しめないのですね。この事業を成功させているあの超大企業のパワーに圧倒され、多くのことを学びながらも、自分の力の無さや、余りの小ささに気づかされ、あっという間に疲れ切ってしまうんです。

Photo from imcreator.com
Photo from imcreator.com

サラリーマン脳と経営者脳

さて、ここまで私の性質らしいものと、持論を書き綴りました。相変わらず偏見に満ちていて、少々読みづらい感もおありでしょうが、皆さんはこれに何を感じたでしょうか?

遊び感覚のないつまらないやつ、でしょうか?

もっと物事を単純に楽しんじゃえば、でしょうか?

そんなこと考えてるの?俺なんて考えたこともなかったよ、と言われる方もいるでしょうか?

もし本当にそのように、上記のように感じたのであれば、あなたの脳は紛れもなくサラリーマン脳です。

そして、もしあなたが、これから起業を検討している方であるなら、自分で仕事を始めようという考えは、すぐに捨てられた方が良いと私は強く感じます。

それは、あなたが今現在、起業することに対して準備が全く出来ていない方だと私は考えるからです。

Photo by imcreator.com
Photo by imcreator.com

休暇は社員だけの特権と私は考えています。

もちろん私も休暇を取ります、家族と共に一週間の旅行に行ったりもします。

でも、残念ですが、経営者の仕事に本質的な休暇はありません。

旅行先まで仕事が追ってくる、というような物理的な話ではなく、起業して経営者となった瞬間から、経営者の考え方をし続ける、経営者脳からは逃れることができなくなるからです。

経営者脳の宿命

すべてをリセットして真っ白にすることで、重大な局面でベストな決断ができるということもありますし、たいへん大切なことだと思います。意識してそうしなければ、経営者としてベストな判断などできないという意味も、私は実体験として感じています。

それでも、休暇先で、テレビを見ていて、人との会話の中でも、日常の何でもないふとした瞬間に物事を考える時、経営者脳から100%逃れることはできない、私はそう考えています。

宝くじを買わない、馬券を買わない、と私が言っているのは、もはやその場の損得の話ではありません。経営者の脳で考えた時、その投資が○なのか×なのかを、日常的に嗅ぎ分ける習慣の中の判断の一つでしかないのです。

前にも書きましたが、私はサラリーマン時代、本当に一生懸命仕事をしていました。自分で言うのも何ですが、会社にとってはたいへん優秀なサラリーマンでしたよ。与えられた仕事は120%にして上司に渡すような、絶えずベストを尽くして、真摯にまじめに仕事に取り組んでいました。

それでも家に帰れば、カバンを置いた瞬間、ほぼ完全に仕事から解放され、自分の時間を作ることができました。これはサラリーマンの当たり前の特権であり、経営者とは決定的に違う部分です。

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

恐怖との闘いの日々

お金持ちの経営者は豪遊している、などというイメージを持つ方がいらっしゃると思います。社長はいいよな、たくさん給料取って、好きなことに使って、と思われることでしょう。

もちろん私はそんな部類の方々とは違いますが、多額のお金を稼ぐことができる人は、例えば、銀座のクラブで豪遊したり、高額なドイツ製のスポーツカーを乗り回したり、どこか南の島に別荘を持ったりと、一般のサラリーマンの生活とは懸け離れたお金の使い方をしている方もいることでしょう。

しかし、実はそういった豪遊と言われるような事も、経営者の恐怖との戦いの一つだと私は考えています。

日々の経営は恐怖の連続です。今月は従業員に給料を払えるのだろうか?自分の取り分は残るのだろうか?来年の今も、それどころか数か月後もこうして事業を続けていられるのだろうか?

小心者でビビりの私は、絶えずそんな自問を繰り返し続けています。大企業であれ、超弱小企業であれ、その度合いは違えど、経営者は絶えず経営の恐怖に追いかけられ続けます。

豪遊する、多額のお金を浪費することで経営の恐怖に勝る喜びを得る、あるいは一時でもその恐怖から逃れられる、そして、贅沢三昧をしたことで、さらにお金を稼ぐ意欲を充実させる。大きなお金を稼ぐ人になればなるほど、その巨大な恐怖と戦うために、より大きな浪費が必要になる。経営者たちは生きるか死ぬか、まさに世間の荒波の中で二つに一つの勝負を繰り返しているのです。

起業を考えるあなたに、まず私が問いかけたいことは、24時間、365日、経営者脳でいる決心を持てますかということです。

そして、24時間、365日が経営の恐怖との戦いです。

起業することで、会社を辞める恐怖からは逃れられます。しかし、その後は新たな経営の恐怖があなたに襲い掛かることになるのです。

Part3へ続く

 

おしゃれなjblのブーストスピーカー
これ一台でご自宅のテレビに驚くほどの臨場感が生まれます。

h2

自宅のテレビがスタジアムに!

 

どの動画配信サービスに加入しようか、迷っている方はいませんか?

それならずばりU-NEXT<ユーネクスト>がお薦め!

こちらから体験入会できます。

unext

まずは31日間無料で視聴できます。